神社前2F特設祭事場

石取祭(石採祭)・山車祭り・上げ馬神事・だんじり祭りなどを私の目線で綴る見学記です! たまにはレア情報も!?

地域史など

'20 桑名市 赤須賀神明社例大祭

CIMG0060
10/11 前日の台風14号が過ぎ、赤須賀神明社の例大祭です!

赤須賀神明社には神明社と一目連社が祀られており、共に10月が例大祭です。
CIMG0061
CIMG0062
その例大祭に合わせて、10月中は大幟が立てられます。
CIMG0063

幟立てには貝捲中(かいまきなか)、蜆中(しじみなか)といった漁師さんが携わります。
CIMG0059
午前9時前から作業開始です。
CIMG0024

幟枠石に幟竿の下を置きます。
CIMG0023
幟の乳と呼ばれる部分に竿を通します。
CIMG0034

棹先はくるりと呼ばれるかんざしを取り付けます。
CIMG0028

くるりの先には笹葉を差し、紙垂を付けます。
CIMG0029
CIMG0027

滑車と引き揚げる綱を一目連社側の幟枠石に通します。
CIMG0031
CIMG0032
まずは神明社側の幟を起こします。
CIMG0037
漁師さんの力強い綱引きで、素早く上がってきます。
CIMG0036
南北にバランスを取る綱を取り付けているので、皆の息が合わないと安全に上がりません。
CIMG0037
CIMG0039
CIMG0041
滑車と綱を若手が取り外します。
CIMG0043
CIMG0047

続いて一目連社側の幟を起こします。
CIMG0054
滑車を使うと半分の力で上がるので、昔の人の知恵に感心します。
CIMG0049
こちらは電線があるため、少し南に向けて引き揚げます。
CIMG0050
CIMG0051
CIMG0052
CIMG0055
約12メートルの大幟一対が、雲ひとつない秋の空に立ちました。
CIMG0058

一昔前までは、さらに1メートルほど長かったそうです。
CIMG0064
桑名市内ではアルミポールの幟が増え、このサイズの大幟を人力で上げるのは赤須賀神明社のみとなりました。





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓

'19 東海市 とうかい50年祭 オープニングイベント②

CIMG0892
5/18 名鉄太田川駅に隣り合う東海市芸術劇場にこの度、からくり人形(電子制御)が寄贈されました!

制作者は夢童由里子師、寄附者は丸田運輸株式会社です。
CIMG0879
元浜町の天然温泉丸屋玉ノ湯に展示されていたものを、この度移設されました。
CIMG0882
題材は、横須賀に伝わる“琴弾松”の伝説に因みます。
CIMG0880
いただいた資料をもとに要約すると…昔、横須賀の大教院に四方に枝の張った大松がありました。
CIMG0893
その大教院には白羽監物という侍がおり、監物は伊勢湾から吹く風が松の木に触れた音に合わせて笛を吹くのが楽しみでした。
CIMG0905
ある月の美しい晩、監物が笛を吹いているとどこからともなく琴の音が聞こえてきました
CIMG0903
いつしか笛の音と一つになり美しい調となりました。
CIMG0895
監物は、このように美しく琴を弾く人に一目会いたいと探します。
CIMG0907
寺の近くの御殿浜の浜辺に立派な屋敷があり、どこかのお姫様が静養に来ているとの情報を入手します。
CIMG0909
監物はその話を聞いた晩も庭に出て、松の木下で笛を吹きます。
CIMG0913
笛の音に合わせて琴の音が聞こえだし、美しく響き合います。
CIMG0914
笛を吹き終え、監物は御殿を訪ねます。
CIMG0917
監物『琴をお弾きのお姫様がいらっしゃるようですが…』
CIMG0921
女中「お姫様は先日お亡くなりになりました。琴のお好きなお姫様で、亡くなる間際まで琴に触れられており、私共は“琴姫様”とお呼びいたしておりました」
CIMG0922
その時、風が吹いてきて松風の音は美しい琴の音にかわりました。
CIMG0924
監物は笛を取り出し、音に合わせて笛を奏でました
CIMG0925
琴の音と笛の音の合奏は、それからもしばらく聞こえたようです。
CIMG0926
そして、人々は大教院の松を“琴弾松”と呼ぶようになりました。
CIMG0899
昭和48年に松は枯れましたが、琴弾松の句碑は今も建っているそうです。
CIMG0902

と、おおよそからくりの動きと、琴弾松の昔話を合わせて紹介してみました。
CIMG0927
下部で動く、歯車を回す唐子や琴姫様の動き(琴を弾く時と上に上がって面を被る)など、構成も含めて動画でご覧ください!


芸術劇場1階エントランスプロムナードで、正午と午後5時にからくり人形の実演が行われるそうです。
CIMG0919


また、東海市の歴史を振り返る写真がありました。
CIMG0929
横須賀の山車が太田川まで来るというので、前も見に行ったなぁ。
CIMG0931
今となっては全く姿が変わった太田川駅。
CIMG0932
東口の駅舎が特徴的でした。



【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓
石取祭・上げ馬神事・名古屋型山車・知多型山車・犬山型車山・だんじり祭り



日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!

お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が
おトクになるサイトです。
貯めたお財布コインは現金Amazonギフト券
Tポイントなどに交換できます。


多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!

1日10分から簡単に始められる!
\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪

簡単1分 無料会員登録


お買い物がおトクなショップ

お財布.com経由でお買い物すれば
お財布コインとショッピングサイトの
ポイントの2重取りができるから断然おトク!


充実のコイン交換先

\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪

簡単1分 無料会員登録

'18 津島市散策

CIMG2106
4/29 池之堂の山車を見つつ、七切地区内も見学しました!

あちこちに設置された町名の説明看板があり、祭関連の内容も含まれています。
CIMG2103
CIMG2104
CIMG2137
CIMG2138

市神社の北側にある浄土宗の寺、宗念寺。
CIMG2156
CIMG2151
懸魚、太平鰭は菊花の彫刻です。
CIMG2152
CIMG2153
垂木は吹寄垂木です。
CIMG2150

本町にあるのは、真宗大谷派で津島御坊とも呼ばれる久遠山成信坊(じょうしんぼう)。
CIMG2216
山門には立派な彫刻が入ります。
CIMG2233
CIMG2234
CIMG2228
CIMG2224
CIMG2232
CIMG2222
CIMG2221
CIMG2220

天王通りにある天王祭の祭礼説明。
CIMG2107
昔の祭礼の様子を写したものです。
CIMG2118
  • 斎竹立
CIMG2108
  • 綱打
CIMG2109
  • 山揚げ
CIMG2112
  • 児打廻し
CIMG2113
  • 宵祭
CIMG2114
  • 朝祭
CIMG2115
今では見られない大山も描かれています。
CIMG2116
尾張津島天王祭は今月28~29日に行われます。
DSC_0600

観光交流センターの向かいのお宅も凝った材料が使ってありました。
CIMG2311
自然な曲がりを用いた持送です。
CIMG2310






【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓
石取祭・上げ馬神事・名古屋型山車・知多型山車・犬山型車山・だんじり祭り



日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!

お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が
おトクになるサイトです。
貯めたお財布コインは現金Amazonギフト券
Tポイントなどに交換できます。


多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!

1日10分から簡単に始められる!
\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪

簡単1分 無料会員登録


お買い物がおトクなショップ

お財布.com経由でお買い物すれば
お財布コインとショッピングサイトの
ポイントの2重取りができるから断然おトク!


充実のコイン交換先

\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪

簡単1分 無料会員登録

'18 桑名の歴史を知る

img378
2/24  桑名の歴史を知ると題した講座が、桑名市新地のきいろいおうちで行われました。

講師は、私の師の一人でもある大河内浩さんです。
CIMG3349

皆さんは桑名市新地という町をご存じですか?

なかなか馴染みの無い地区だと思います。

お隣の福江町は東海道にあり、石取祭の口向き並びでは末番祭車が並ぶ町として知られている事でしょう。

今回は、福江町と新地界隈の歴史を知る講座だったので、その内容の一部を後日撮影した写真を元に私見を交えて紹介します。

福江町は北を西矢田町、南は大福に接する南北に伸びる町です。
(西矢田町側より南を望む)
CIMG3318
古くは北福江町と南福江町に分かれていました。
(大福側より北を望む)
CIMG3353
南端は切所と呼ばれ、石取祭車の末番が並ぶところです。

江戸時代この場所には木戸があり、参勤交代などで東へ上る時には、ここで身を整えて桑名の町に入ったと言われます。
(大福との境である切所)
CIMG3351
北福江町は江場村、南福江町は大福村の地籍で、その一字を取って江福町と称しました。
18-03-20-21-55-31-269_deco
語呂の悪さか後年、福江町と改称され現在に至ります。
18-03-20-21-54-32-308_deco
南福江町の名が残るものとして、東員町六把野新田祭車の墨書きがあります。
(南福江町より譲られた、東員町六把野新田祭車)
image

地区の中ほどには神戸岡(ごうどのおか)神社があります。
CIMG3325
この神戸岡神社は、神社庁の登記にも出てこない由緒不明な神社でした。

近年 大河内さんらの研究によると、昔福江町にあった修験宗大膳院という寺の境内にあったものではないかと推測されます。
(大膳院のあった辺り)
CIMG3352
明治の神仏分離令により大膳院は廃寺となり、福江町の皆さんに崇敬を集めていた大膳院境内の社のみ残し、“神戸岡神社”として神式化して新たに誕生させたもののようです。

(修験宗時代の紋を引き継いでいると思われる神紋)
image

その頃は街道の東側にありましたが、戦争が激化してきたため、昭和19年に立坂神社に合祀されました。
(神戸岡神社の旧地があった祭車庫横の辺り)
CIMG3323
現在の地には、昭和35年に分祀されて戻っています。

(旧地に建っていたと思われる石碑。現在は神戸岡神社に建っている)
CIMG3326
CIMG3329
現在の祭礼日は10/18~19で、立坂神社の祭礼日と同じになっているのは合祀されていた頃の名残でしょうか?
(神戸岡神社例大祭の様子)
image

次に新地は福江町の西側にある地区で、宝永7年足軽屋敷として開発され、文政6年の城主交替の際には士族家庭の居住地として整備されました。
(新地東部。左に行くと福江町)
CIMG3322
地区南方と東方には町屋御用水があり、町屋川(員弁川)より桑名の町に水を供する水路でした。
CIMG3345
CIMG3344
CIMG3347
CIMG3348
通り井跡は、現在も江戸町~川口町に残ります。
DSC_0464
(江戸町に残る通り井の印)
18-03-21-15-12-43-415_deco

新地に通じる通路は元来二ヶ所で、福江町より通じる新福橋と大福より通じる天池橋のみでした。
(“新”地と“福”江町にかかる新福橋)
CIMG3320
CIMG3321
(福江町側(?)の欄干石柱は神戸岡神社に残る)
CIMG3324
(福江町から新福橋に通じる細道)
CIMG3319

(大福大門に通じる天池橋。元は水路に対し斜めに架かる橋だったが、拡張されて広くなった)
CIMG3350
(神戸岡神社横より新地に通じる道は、後にできたものである)
CIMG3332
(新地の住宅街にある細い路地)
CIMG3336
北側は桑名市立益世小学校、
CIMG3335
西側はJRと近鉄の線路に接していて、南側は前述の御用水があり、他方へ通り抜ける道は無く、商店も無いので馴染みが薄いのは私だけではないはずです。
CIMG3337
元々は江場村のこの地は、神館(こうだて)神社の氏地でしたが、後に士族屋敷となり明治期の小社合祀の際、士族の多く住むこの地区の稲荷神社は主君を祀る鎭國守國神社の境内社 伊奈利神社に合祀され、地区から離れた神社の氏子となりました。


(国替えの際、陸奥国白河より移遷された稲荷神社があった辺り)
CIMG3343
(上記の近くに鳥居が見られたが、こちらは屋敷神だろう)
CIMG3342
地区内には稲荷神社がありますが、こちらは高林家の屋敷神を明治時代に神社へ列格したもので、地区の氏神社ではありません。
CIMG3333






【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓
石取祭・上げ馬神事・名古屋型山車・知多型山車・犬山型車山・だんじり祭り



日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!

お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が
おトクになるサイトです。
貯めたお財布コインは現金Amazonギフト券
Tポイントなどに交換できます。


多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!

1日10分から簡単に始められる!
\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪

簡単1分 無料会員登録


お買い物がおトクなショップ

お財布.com経由でお買い物すれば
お財布コインとショッピングサイトの
ポイントの2重取りができるから断然おトク!


充実のコイン交換先

\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪

簡単1分 無料会員登録
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
プロフィール

風神雷神

石取祭をやるために生まれた立地に住んでいます🏠️

石取祭、上げ馬神事、だんじり祭、山車祭などを中心にマニアックな視点で書いております。


【注意事項】
・当ブログのコメントは、管理人確認制です。
リアルタイムでは書き込み反映されませんので、ご注意ください。

・当ブログでは、管理人独自の視点、思考で書いております。
管理人の行動や言動に賛同されない方は閲覧をご遠慮下さい。

・当ブログに掲載されている画像は管理人が撮影、もしくは友人からお借りしたものです。
無断転載、無断加工、SNSや他サイト(アイコンへの無断使用・オークションサイト・まとめサイトを含む)への悪用を堅く禁じます。

・悪質な違反者や荒らし行為に対しては、賠償請求及び法的措置等、相応の手段を取らせていただきますので、ご了承ください。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索


メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ