神社前2F特設祭事場

石取祭(石採祭)・山車祭り・上げ馬神事・だんじり祭りなどを私の目線で綴る見学記です! たまにはレア情報も!?

仏事・縁日

'18 桑名市 桑名聖天大福田寺大祭③

image
4/2 伊勢大神楽の奉納が終わると、火渡りです!

護摩壇の前に不動明王様が祀られます。
CIMG6934
山伏が聖天堂に参拝します。
CIMG7120
結界を解き、入場。
CIMG7122
CIMG7123
CIMG7137
客僧との山伏問答(宗旨の詳細などを問う)が行われます。
CIMG7141
例えば、仏教なのに獣の皮を付けているのは何故か…などです。
CIMG7149
(※引敷といい、岩や木の根に座る要具です。)

写真を見て気付いたのですが、太鼓台が90゚寝ていますね。
CIMG7146
法弓により各方向に色の龍神の矢を放ち、四方結界を施します。
CIMG7156
甥と姪が矢を拾いに行き、じゃんけんで勝ち取って授かってきました。
CIMG7348
続いて法斧。
煩悩の立木や柴を断ち切って、打ち砕きます。
CIMG7163
斧の左側に三本線、右側は四本線が入っているのはご存じでしょうか?
CIMG7172
三本の方は“ミキ”と言い、御神酒を表します。
四本の方は“ヨキ”と言い、四気(四大)=木を育てる4つの気=地水火風を表します。

また、大木が倒れて来ても身(=3)をよ(=4)けると言う意味があるそうです。

法剣で煩悩と不浄を切ります。
CIMG7187
不動明王の前の蝋燭で火をいただきます。
CIMG7197
CIMG7198
中央護摩壇に点火します。
CIMG7203
CIMG7207
スゴい煙
CIMG7212
熱さもたまらないので、前の人は避難されてました。
CIMG7210
スゴい火力です!
CIMG7238
要所要所に水を撒き、燃えすぎないようにします。
CIMG7247
少し火が納まると、護摩木が投げ入れられます。
CIMG7221
CIMG7256
CIMG7265
熱さに(メイクが?)耐えられないミス桑名も避難して手拭で顔を覆います。
CIMG7290
護摩壇の火で御供や御守を浄めます。
CIMG7299
御幣で参拝者を祓います。
CIMG7309
燃え尽きた頃、壇木を崩して火床を作ります。
CIMG7311
その頃には来賓は靴下を脱いで、裾を捲ります。
CIMG7315
CIMG7332
先達が火を渡り、
CIMG7337
来賓やミス桑名が続きます。
CIMG7340
一般の参拝者も脱靴脱帽で並び、御守を授かります。
CIMG7347
そして火渡りに挑みます。
CIMG7346
…が、私は火の粉を踏んでしまい、アチチと身が引き締まりました





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓
石取祭・上げ馬神事・名古屋型山車・知多型山車・犬山型車山・だんじり祭り



日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!

お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が
おトクになるサイトです。
貯めたお財布コインは現金Amazonギフト券
Tポイントなどに交換できます。


多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!

1日10分から簡単に始められる!
\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪

簡単1分 無料会員登録


お買い物がおトクなショップ

お財布.com経由でお買い物すれば
お財布コインとショッピングサイトの
ポイントの2重取りができるから断然おトク!


充実のコイン交換先

\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪

簡単1分 無料会員登録

桑名市 地蔵盆②

image

8/24 この日も夕方から各地を回ります。

・地蔵(龍福寺)
image

浜の地蔵さんとして親しまれていますが、どなたもいらっしゃらない。
image



・大貝須
あれ?24日ではなくなった??
image



・安永
image



・和泉(西福寺)
image

image

神仏混淆(笑)?
image

祭車庫へ回送されるところでした。
image



途中太鼓屋さんに寄って、石取祭車模型を見学。
image

image



・下深谷部
image

image

御大典記念の鉦。
image

髪の毛の長いお寺さん…ってことは浄土真宗?
でも、お地蔵さんは関係ないしなぁ。
image



・深谷町
image



・上深谷部
image

image

明治時代の鉦です。
image

ヤマヨの銘。
image


・西汰上
image

image

子供の手を取って、石取を鳴らします♪
image

古い住宅地図です。
image

養老鉄道ではなく、懐かしの近鉄養老線です。
image

隅に描かれていた夢の国のネズミ。
image

きっとディ●ニーには許可取ってないんだろうな。
image


・多度町香取
image

お供えを子供連中が下げているところ。
image

地蔵堂の横では子供連中や青年会が石取を囃しています♪
image

image

image





【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

桑名市 地蔵盆①

image


8/23 夜に少~し地蔵盆めぐり。

江場宮乃嶋からスタート!
image

地蔵堂の他に六地蔵もありました。
image

勿論、鉦と太鼓も。
image


続いて、南魚町の佛眼院。

わずかながらのお賽銭なのに、同級生のご両親から未だにお下がりのお菓子をいただく私(笑)
image



宝殿町の地蔵寺は、お守りの方がいらっしゃらなかったけどお参りします。
image



最後に清水町の浄土寺へ。
image

まずは境内にある永真院にお参り。
image

浄土寺の本堂へお参りし…本当の目的をご住職に見せていただきます!
image


それは、これ。
image

なんだ、この変わった鉦は!?と思った方が大半でしょう。

その昔、清水町が作った洋銀の鉦で、背に“清”の字が浮かぶもの。

清水町が廃棄されるとの事で、ご住職が一丁引き取られたそうです。

そんな事を、長島の叩き出しの時に教えていただき、見学させていただきました。

どんな音がするのかと思い、拳で叩いていたら、仏事に使うバチを貸してくれたご住職(笑)
(いいのか?いいんだろうな…住職判断だし

ホントは地蔵盆までに磨く予定だったらしいのですが、日にちが足りなかったそうで、来年の地蔵盆までに磨いてくれるそうです。
(と、先輩風を吹かせてプレッシャーをかけてみる

本堂の外では、子供たちが叩いて楽しんでいます!
image

image

昨年間違えて消してしまった、子供用の鉦。
image

清水町の五ッ拍子って、『コラコラ』って掛け声入るんだ!
初めて知ったなぁ。
image



浄土寺の地蔵盆と言えば、幽霊飴。
image

買ってからどこか次へ行こうかと思ったところで、雨が降りだして来たのでこの日は終了です。
image






【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

桑名市 十日観音(走井山勧学寺、西別所照林寺)

image

8/10 桑名名物の十日観音です!

と言えど、走井山の十日観音は桑名名物とは言い難い淋しい状況です。

近所にお住まいの方に伺うと、石取祭が7月から8月に変わった頃から寂れてきたとか?
(大きな行事が続き、後の行事はなおざりになってしまっている)

三岐鉄道北勢線馬道駅側から勧学寺へ向かいます。

こんなところに三猿がいたとは、今まで気づかなかった
image


石段を登る!
image

夏の石段は汗だくになります(^^;
image


本堂が見えてきました。
image

まずは年に一度の御開帳で、ご本尊にお参りします。
image


そして、境内を散策。
仏足石があります。
image

27㌢の私の足と比べても、大きさが違いすぎます。
image

過去にも同じ事しています


本堂の横には太子堂があり、建築組合の皆さんがお守りをされています。
image

私達も読者様にお呼びいただき、堂内で一休み
image


この日は毎時、建築組合の方が鐘を撞かれるそうです。
image



でも皆さんお疲れのご様子で、うちの甥と姪がこの時は任命されて撞かせていただきました。
image



走井山の境内には、多くのお地蔵様があります。
image

あちらこちらにあるのは何ででしょうかねぇ??
image

(この他にも本堂東側、三猿近くにもありました)

愛宕山各所から集められた庚申碑。
image

奉納者には、職人町の人物名も見られます。
image



前には盆踊りの櫓が立っていたり、提燈が吊るされていましたが、もうありません。
前は鉦と太鼓も出ていたそうですが、どうなったのでしょうか?
image


南側に向かうと白龍龍神の祠があります。
image

横にもお地蔵さんやら他のお堂があったりと不思議な空間。


何よりこのお菊稲荷が最も不思議な(怖い?)空気をかもし出します。
image

お菊という名前が、番町皿屋敷と通じるから幽霊のような印象を受けますし…
image

きっとおウメとかならまたイメージが違ったに違いない

さらに横には、靈狐廟。
image

これがまた昼間でも暗くて、なんか近寄りがたい空気でした。
image



走井山を後に、西別所の照林寺へ向かいました。
image

こちらは浄土真宗本願寺派のお寺なので、宗派的には観音様は関係ないのですが、
image

何故ご縁があるのか?という説明は看板の通り。
image

本堂の欄間彫刻がカッコいい
image

image


こちらの境内には、今年も鉦と太鼓が出ていました。
image

案の定、許可をいただいて叩く二人♪
image

その音を聞きつけてきたのが、多度のお知り合いの方でした。
たまたま奥さまの実家に来られていて、石取好きの血が騒いだのか、境内にやって来られたのでした
image







【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

鈴鹿市 観音寺大曼荼羅御開帳

image

龍光寺の御開帳と同じ日、近くの浄土宗 観音寺(かんおんじ)でも御開帳がありました(観音寺では月曜日は行われません)。

前々から気にはなっていたのですが、いつも素通りしていたので、これを機会にお詣りさせていただきました!

龍光寺やその周辺道路とは違い、ひっそりとした境内より本堂へ。

大きな曼荼羅(まんだら)が目の前にありました!
image

この大曼荼羅は4㍍×4㍍。
京都の仏画師・是春が江戸中期に極楽浄土を描いた物で、観無量寿経を絵で表したものです。
image


横には寝釈迦図(涅槃図)もありました。
image



このお寺は神戸城主・本多氏の菩提寺であり、涅槃図後ろの御内陣には大きな位牌があります。


こちらにも地獄絵図があります!

という事で、ここからも地獄グロテスクな描写がありますので、苦手な方は文末まで移動してください。
image



火車、奪衣婆、閻魔大王のお裁きは龍光寺で説明されていたので割愛。
image

image



【等活地獄】
殺人、殺生、乱暴をふるった者が墜ちる。
鬼に骨を粉砕されるほど攻められる。
image

image



【黒縄地獄】
殺生に加え、強盗などをおこなった者が墜ちる。
等活地獄の10倍の苦しみを与えられる。
image



【衆合地獄】
殺生、強盗に加え不倫など、性にまつわる罪を犯した者が墜ちる。
image

image



【叫喚地獄】
殺生、強盗、邪淫に加え、酒にまつわる災いを犯した者が墜ちる。
image



【大叫喚地獄】
殺生、強盗、邪淫、飲酒、さらに嘘をついた者が墜ちる。
image



【焦熱地獄】
殺生、強盗、邪淫、飲酒、妄語、邪な考えを持つ者が墜ちる。
image



【大焦熱地獄】
数多くの罪に加え、尼僧を汚した者が墜ちる大火炎地獄。
image



【阿鼻地獄】
仏教の教えに背いた者が行き着く、八大地獄の最終地点。
大焦熱地獄ですら天界に思えるほどの紅蓮地獄。
阿鼻地獄に着くまで2000年かかるという。
image



阿鼻叫喚とは言いますが…相当なキツイ状況下なんですねぇ…。


なんて思っていたら、お寺様からお声をかけていただきました。

色々話していくと、桑名に長い間いらした事があったらしく、そんな話で盛り上がりました!

そして、私のソロバンの先生のお友達であったという世間の狭さ

このお寺のご近所の読者様の事もご存知でした!





【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
プロフィール

風神雷神

石取祭をやるために生まれた立地に住んでいます🏠️

石取祭、上げ馬神事、だんじり祭、山車祭などを中心にマニアックな視点で書いております。


【注意事項】
・当ブログのコメントは、管理人確認制です。
リアルタイムでは書き込み反映されませんので、ご注意ください。

・当ブログでは、管理人独自の視点、思考で書いております。
管理人の行動や言動に賛同されない方は閲覧をご遠慮下さい。

・当ブログに掲載されている画像は管理人が撮影、もしくは友人からお借りしたものです。
無断転載、無断加工、SNSや他サイト(アイコンへの無断使用・オークションサイト・まとめサイトを含む)への悪用を堅く禁じます。

・悪質な違反者や荒らし行為に対しては、賠償請求及び法的措置等、相応の手段を取らせていただきますので、ご了承ください。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索


メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ