神社前2F特設祭事場

石取祭(石採祭)・山車祭り・上げ馬神事・だんじり祭りなどを私の目線で綴る見学記です! たまにはレア情報も!?

犬山型車山(三層山車)

掲示板更新情報

image

一宮市 石刀祭を更新しました!

画像掲示板は→石刀祭

blog記事は→




皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村




日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!



お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が

おトクになるサイトです。

貯めたお財布コインは現金
Amazonギフト券

Tポイントなどに交換できます。





多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!



1日10分から簡単に始められる!

\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪


簡単1分 無料会員登録





お買い物がおトクなショップ



お財布.com経由でお買い物すれば

お財布コインとショッピングサイトの

ポイントの2重取りができるから断然おトク!





充実のコイン交換先



\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪


簡単1分 無料会員登録


(スマートフォン表示では上記以外の広告はlivedoorの広告ですので、当blogには関係ありません)

'17 一宮市 石刀祭④

image

4/23 全ての奉納行事は終了し、山之小路車はからくり奉納が終わると同時に方向転換しますした。

image

image


大聖車は南向きになり、片付けを始めました。
image

現在の犬山型車山では見られなくなった、上山せり上げ装置があります。
image

ゆっくりと屋根を下げます。
image

image


参道では中屋敷車と山之小路車が並んでいます。
image



予定より早く献馬が帰路に就きました。
image

山車の横を献馬が通って行きます。
image

吉田の献馬駆け抜きが見たかったのですが、今は走らないのだとか?
image

昔は空馬で走っていたそうで、国府宮の馬まつりみたいな感じだったのでしょうか?
image



献馬が帰って行くと、山車も帰路に就きます。
image

山之小路は参道に山車蔵があるので、そのまま蔵へ。
image


中屋敷車は山車を解体するということでついて行きました。
image

image

すると、龍神社横の宮池より水を汲んでいらっしゃる方がいました。
image


道に水を撒き、祇園祭の辻回しのように車輪と地面の摩擦を減らしているようです。
image

image

山車蔵は一の鳥居からすぐのところでした。
image


半鐘のある蔵です。
image

山車の部材を解体して、短いものや細いものは二階に、台輪や車輪などは最後に一階に入れます。
image




祭馬も飾りを外されて、お家へと帰って行きました。
image

image


江戸時代に作られた、馬具の木箱。
image

長い歴史のあるお祭りだと感じます。


からくり人形を下ろし、公民館へと運ばれて行きました。
image

image


山車は上山を下げて解体に入ります。
image

image

箱棟を外します。
image


天井を外します。
image


太平鰭を外します。
image

彫刻は布に巻かれて保管します。
image



屋根軒先を下ろします。
image


木鼻を外します。
image


高欄を外します。
image

高欄は組んだまま保管されているようです。
image



中山の斗組を外します。
image

何個か外れてしまったけど、きっとはめられることでしょう。
image


中山持送を外します。
image



中山まで解体されると別の山車のようです。
image

美江寺の山車みたいかな?)


柱を外していきます。
image

image



楫棒を大人数で担いで、公民館へ。
image

反対側は少人数で担いで行きました!
image



台輪を外します。
image

image

image



車軸の穴は大引を架ける穴?
image

となると、仕様変更されたのでしょうか?

それにしても、車軸のひび割れは気になるところです。


車軸から車輪を外し、全て解体となりました。
image

image



年長者の指示の下、手順良く解体される様は素晴らしかったです!
image






【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村




日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!



お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が

おトクになるサイトです。

貯めたお財布コインは現金
Amazonギフト券

Tポイントなどに交換できます。





多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!



1日10分から簡単に始められる!

\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪


簡単1分 無料会員登録





お買い物がおトクなショップ



お財布.com経由でお買い物すれば

お財布コインとショッピングサイトの

ポイントの2重取りができるから断然おトク!





充実のコイン交換先



\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪


簡単1分 無料会員登録


(スマートフォン表示では上記以外の広告はlivedoorの広告ですので、当blogには関係ありません)

'17 一宮市 石刀祭③

image

4/23 大聖車の次は、中屋敷車の奉納です。


image



水引幕は黒地に金糸で波千鳥です。
image


大太鼓は平吊太鼓ではなく、締太鼓です。
image



まずは前人形の奉納。
image

image


上山からくりは、唐子の大車輪です。
image

image

image

大車輪が成功すると肩車で下りていきます。
image

前二体の人形が動いていませんでしたが、当初は動いていた事でしょう。
image

image




3番目は、山之小路車の奉納です。
image

奉納の終わった中屋敷車と山之小路車がすれ違います。
image

太鼓橋前への曳き込みは神職が誘導していました。
image



水引幕は龍です。
image

中山水引幕は三葉葵紋の入ったものです。
image



下山には龍の彫刻、
image

image

中山には牡丹に唐獅子の彫刻が入ります。
image

image



前人形は幣振りです。
image

image



上山からくりは、唐子が蓮台に倒立し、大唐子の肩に移り太鼓を打ちます。
image

このからくりは、西枇杷島まつりの問屋町で使われていたもので、文政7年(1824)隅田仁兵衛の作です。
image

(大将人形と山車は、小牧市横町聖王車として現存)

image

image

image

image

image





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村




日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!



お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が

おトクになるサイトです。

貯めたお財布コインは現金
Amazonギフト券

Tポイントなどに交換できます。





多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!



1日10分から簡単に始められる!

\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪


簡単1分 無料会員登録





お買い物がおトクなショップ



お財布.com経由でお買い物すれば

お財布コインとショッピングサイトの

ポイントの2重取りができるから断然おトク!





充実のコイン交換先



\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪


簡単1分 無料会員登録


(スマートフォン表示では上記以外の広告はlivedoorの広告ですので、当blogには関係ありません)

'17 一宮市 石刀祭②

image

4/23 献馬が終わると東大門に山車が曳き込まれ、からくり奉納が行われます!

image


元々、この石刀祭には5台の山車がありました。

しかし昭和20年の戦災により、呑光寺と更屋敷の山車は無くなり、現在は3台の犬山型山車が曳き出されます。

一番最初の奉納は、大聖(だいしょう)車。
image


この大聖車は犬山祭で曳かれていた山車で、当初は練屋町で曳かれており、その後鍛冶屋町を経て明治36年頃当地へ譲られました。
image


来歴が判明した顕著な特徴は、この入母屋軒唐破風の屋根です。
image


犬山鍛冶屋町より譲られたという口伝が石刀にはあり、犬山祭の古絵図にはこの屋根の車山が描かれていました。

しかしそれは鍛冶屋町ではなく練屋町でした。

犬山祭調査報告書によると、練屋町の旧車山が鍛冶屋町に譲られ、その後鍛冶屋町が車山を新造するにあたり、当地へ譲られたと考えられるそうです。
(口伝では江戸末期~明治初期となっているので、時代がズレていますが…)


脚周りは現在の犬山で見られるもの(車軸の上に柱が立つ)と違い、台輪の上に柱が立っています。
image


中山蟇股には唐獅子の彫刻が入ります。
image

image


下山には龍の彫刻が入ります。
image

image


水引幕は緑地に丸大。
image




前人形は三番叟と呼ばれています。
image

image

image



上山からくりは、唐子の綾渡り。
image

image

おっとっと。
image

image

神の手が出たり、
image

秘密道具が出たりするのはご愛嬌。
image

image

image

image

最後の綾棒に掴まって下りていくと
image

『瑶台』の文字が現れます。
image

犬山祭の中本町と同じようなからくりでしょうか?





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村




日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!



お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が

おトクになるサイトです。

貯めたお財布コインは現金
Amazonギフト券

Tポイントなどに交換できます。





多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!



1日10分から簡単に始められる!

\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪


簡単1分 無料会員登録





お買い物がおトクなショップ



お財布.com経由でお買い物すれば

お財布コインとショッピングサイトの

ポイントの2重取りができるから断然おトク!





充実のコイン交換先



\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪


簡単1分 無料会員登録


(スマートフォン表示では上記以外の広告はlivedoorの広告ですので、当blogには関係ありません)

掲示板更新情報

image

犬山市 犬山祭を更新しました!

画像掲示板は→犬山祭

blog記事は→




皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村



日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!



お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が

おトクになるサイトです。

貯めたお財布コインは現金
Amazonギフト券

Tポイントなどに交換できます。





多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!



1日10分から簡単に始められる!

\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪


簡単1分 無料会員登録





お買い物がおトクなショップ



お財布.com経由でお買い物すれば

お財布コインとショッピングサイトの

ポイントの2重取りができるから断然おトク!





充実のコイン交換先



\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪


簡単1分 無料会員登録


(スマートフォン表示では上記以外の広告はlivedoorの広告ですので、当blogには関係ありません)
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
プロフィール

風神雷神

石取祭をやるために生まれた立地に住んでいます🏠️

石取祭、上げ馬神事、だんじり祭、山車祭などを中心にマニアックな視点で書いております。


【注意事項】
・当ブログのコメントは、管理人確認制です。
リアルタイムでは書き込み反映されませんので、ご注意ください。

・当ブログでは、管理人独自の視点、思考で書いております。
管理人の行動や言動に賛同されない方は閲覧をご遠慮下さい。

・当ブログに掲載されている画像は管理人が撮影、もしくは友人からお借りしたものです。
無断転載、無断加工、SNSや他サイト(アイコンへの無断使用・オークションサイト・まとめサイトを含む)への悪用を堅く禁じます。

・悪質な違反者や荒らし行為に対しては、賠償請求及び法的措置等、相応の手段を取らせていただきますので、ご了承ください。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索


メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ