image

元薬師に四山が揃い、休憩となります。

image

私も休憩しつつ、山車を見学します。

今年、浅井山の壇箱が改修されました。
image

壇箱猫足のねずみの宝曳き。
image

毬の部分(籠彫り)が割れていたのを、復元しました。
image


壇箱蟇股も1ヶ所だけ鳥がおらず、
image

その部分も新調されました。
image



予定時間ちょうどに浅井山宮本車は出発。
image

image

image


殿海道山源氏車も続きます。
image

image

image


この時、南山や西山は後ろについて来ていないので、若宮社へ曳き込む浅井山を見に行きました。

・浅井山 宮本車
image

image

image




・殿海道山 源氏車
image

image

image




・南山 八幡車
image

image

image

image




・西山 神楽車
image

image

image

image




四山が若宮社へ揃い、神事が執り行われます。
image


その後に、夜宮へ向けて提燈が取り付けられます。
image

昼幕や
image

一部の彫刻を取り外します。
image

image

替彫刻を取り付けたり、
image

夜幕にしたりと各山の対応は様々。
image



見学者はけっこう暇な時間でもあったりするので、こんなのも撮ってたりする私。

起り(むくり)破風(手前)と唐破風(山車)の屋根のコラボとか…。
image



殿海道山は曳き出し直前の、18:30までかかって提燈の取り付けを行っていました。
image



殿海道山が後ろに下がって、一瞬だけ四山が横ならびに整列です。
image


浅井山は間髪入れずに、時間通りに若宮社を出発。
image

一番車と言う事もあり、時間厳守は必須なのでしょう。
image




以降、殿海道山や南山も順次出発します。

・殿海道山 源氏車
image

image




・南山 八幡車
image

image

image




・西山 神楽車
image

image




元薬師に整列し、曳き別れ時間まで山車の展示です。
image

山車の後ろでは囃子方が、阿久比囃子などを囃して楽しんでいました。
image


山車の前では若い衆の酒盛りです
image


そして、曳き別れとなり、各山が鞘へと戻って行きました。
image

image

image

image





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村



日々の暮らしをお得にする「お財布.com」1日10分からはじめられる!貯まるサービスたくさん!



お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が

おトクになるサイトです。

貯めたお財布コインは現金
Amazonギフト券

Tポイントなどに交換できます。





多くの方にご利用いただいている理由 東証一部上場企業の運営だから安心! 250万人以上の会員数 1コイン=1円でわかりやすい 300円分から交換可能 業界最大級の広告数!



1日10分から簡単に始められる!

\\簡単1分//
無料会員登録しよう♪


簡単1分 無料会員登録





お買い物がおトクなショップ



お財布.com経由でお買い物すれば

お財布コインとショッピングサイトの

ポイントの2重取りができるから断然おトク!





充実のコイン交換先



\\今すぐ//
おトクな生活をはじめよう♪


簡単1分 無料会員登録