image

8/10 桑名名物の十日観音です!

と言えど、走井山の十日観音は桑名名物とは言い難い淋しい状況です。

近所にお住まいの方に伺うと、石取祭が7月から8月に変わった頃から寂れてきたとか?
(大きな行事が続き、後の行事はなおざりになってしまっている)

三岐鉄道北勢線馬道駅側から勧学寺へ向かいます。

こんなところに三猿がいたとは、今まで気づかなかった
image


石段を登る!
image

夏の石段は汗だくになります(^^;
image


本堂が見えてきました。
image

まずは年に一度の御開帳で、ご本尊にお参りします。
image


そして、境内を散策。
仏足石があります。
image

27㌢の私の足と比べても、大きさが違いすぎます。
image

過去にも同じ事しています


本堂の横には太子堂があり、建築組合の皆さんがお守りをされています。
image

私達も読者様にお呼びいただき、堂内で一休み
image


この日は毎時、建築組合の方が鐘を撞かれるそうです。
image



でも皆さんお疲れのご様子で、うちの甥と姪がこの時は任命されて撞かせていただきました。
image



走井山の境内には、多くのお地蔵様があります。
image

あちらこちらにあるのは何ででしょうかねぇ??
image

(この他にも本堂東側、三猿近くにもありました)

愛宕山各所から集められた庚申碑。
image

奉納者には、職人町の人物名も見られます。
image



前には盆踊りの櫓が立っていたり、提燈が吊るされていましたが、もうありません。
前は鉦と太鼓も出ていたそうですが、どうなったのでしょうか?
image


南側に向かうと白龍龍神の祠があります。
image

横にもお地蔵さんやら他のお堂があったりと不思議な空間。


何よりこのお菊稲荷が最も不思議な(怖い?)空気をかもし出します。
image

お菊という名前が、番町皿屋敷と通じるから幽霊のような印象を受けますし…
image

きっとおウメとかならまたイメージが違ったに違いない

さらに横には、靈狐廟。
image

これがまた昼間でも暗くて、なんか近寄りがたい空気でした。
image



走井山を後に、西別所の照林寺へ向かいました。
image

こちらは浄土真宗本願寺派のお寺なので、宗派的には観音様は関係ないのですが、
image

何故ご縁があるのか?という説明は看板の通り。
image

本堂の欄間彫刻がカッコいい
image

image


こちらの境内には、今年も鉦と太鼓が出ていました。
image

案の定、許可をいただいて叩く二人♪
image

その音を聞きつけてきたのが、多度のお知り合いの方でした。
たまたま奥さまの実家に来られていて、石取好きの血が騒いだのか、境内にやって来られたのでした
image







【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村