image

龍光寺の御開帳と同じ日、近くの浄土宗 観音寺(かんおんじ)でも御開帳がありました(観音寺では月曜日は行われません)。

前々から気にはなっていたのですが、いつも素通りしていたので、これを機会にお詣りさせていただきました!

龍光寺やその周辺道路とは違い、ひっそりとした境内より本堂へ。

大きな曼荼羅(まんだら)が目の前にありました!
image

この大曼荼羅は4㍍×4㍍。
京都の仏画師・是春が江戸中期に極楽浄土を描いた物で、観無量寿経を絵で表したものです。
image


横には寝釈迦図(涅槃図)もありました。
image



このお寺は神戸城主・本多氏の菩提寺であり、涅槃図後ろの御内陣には大きな位牌があります。


こちらにも地獄絵図があります!

という事で、ここからも地獄グロテスクな描写がありますので、苦手な方は文末まで移動してください。
image



火車、奪衣婆、閻魔大王のお裁きは龍光寺で説明されていたので割愛。
image

image



【等活地獄】
殺人、殺生、乱暴をふるった者が墜ちる。
鬼に骨を粉砕されるほど攻められる。
image

image



【黒縄地獄】
殺生に加え、強盗などをおこなった者が墜ちる。
等活地獄の10倍の苦しみを与えられる。
image



【衆合地獄】
殺生、強盗に加え不倫など、性にまつわる罪を犯した者が墜ちる。
image

image



【叫喚地獄】
殺生、強盗、邪淫に加え、酒にまつわる災いを犯した者が墜ちる。
image



【大叫喚地獄】
殺生、強盗、邪淫、飲酒、さらに嘘をついた者が墜ちる。
image



【焦熱地獄】
殺生、強盗、邪淫、飲酒、妄語、邪な考えを持つ者が墜ちる。
image



【大焦熱地獄】
数多くの罪に加え、尼僧を汚した者が墜ちる大火炎地獄。
image



【阿鼻地獄】
仏教の教えに背いた者が行き着く、八大地獄の最終地点。
大焦熱地獄ですら天界に思えるほどの紅蓮地獄。
阿鼻地獄に着くまで2000年かかるという。
image



阿鼻叫喚とは言いますが…相当なキツイ状況下なんですねぇ…。


なんて思っていたら、お寺様からお声をかけていただきました。

色々話していくと、桑名に長い間いらした事があったらしく、そんな話で盛り上がりました!

そして、私のソロバンの先生のお友達であったという世間の狭さ

このお寺のご近所の読者様の事もご存知でした!





【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村