image

さて、中央通りから祭車庫前まで曳いてきました。


image


お目当ての太鼓掛彫刻です!
image

井波で彫られた、牡丹にネズミの彫刻。
image


当初は、ネズミの宝曳きの予定だったようですが、この彫刻師さんの作品の牡丹が素晴らしかった事、持送彫刻との繋がりから牡丹になったそうです。
image


(※左持送彫刻)
image



木取りは祭事長さん自らされたので、離れた距離の彫刻師さんでも何ら問題はありません。
image



小縁場蹴込も、“波”から“波に伊勢海老”に変更。
(伊勢海老を追加したのではなく新調です)
image



雲板欄間も、葡萄に栗鼠。
image


中央に栗鼠、
image

前後に葡萄の葉を配します。
image

image



普通は真ん中に一つ飾るのが多いのですが、前後にも小彫りを飾るのはこだわりだとか?
image


これだけではありません!
正面の雲板欄間も意匠変更により、取替されました!
image

桑名宗社神紋に蜻蛉です。
image



では、取り外された彫刻はどこへ?
image


太鼓の裏へ移動しました!
image


雲板欄間左右は雲板欄間後へ、
image


雲板欄間正面は後方立へ、
image

image


小縁場蹴込は波板欄間後へ移されました!
image


何故この場所へ?
それは…祭車に付けとけば無くさないだろう、、、ですって(笑)


ぬし与さんが、何か高欄で作業されています。
image

実は飾金具を追加したそうなのですが、微調整を行うとの事。

・before
image

・after
image

どこが変わったかわかりますか?


太鼓を外して、
image

いざ片付けと思いきや、太鼓掛も外しはじめました!
image


裏など未完成の部分があるので、仕上げ彫りを行うとか。
image


大きな専用木箱に入れます。
image


雲板欄間ももう少し手直し…かな?
image




太鼓掛が外れると昔の松之木神戸北萱町みたいな感じに
image


『おー、ここは彫刻ないなぁ』
「太一丸は彫刻入っとるよー」
『それならうちもいれるかー』
image

こんな会話が聞こえて来たので、太鼓掛裏の水引欄間に彫刻が入る日も近い!?

DD51を見ながら、祭車庫へ!
image


『おーい青年!中老に太鼓運ばせるなよー!』
image


なんて和気あいあいとした雰囲気で、終わりました。
image



毎度の事ながら、中央通の皆様ありがとうございました!





【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村