image

4/14 秋の高山祭に続いて、フリープランツアーで行ってきました!


陣屋前広場には、既に屋台が揃っていました。
image

image



・神楽臺
image


・三番叟
image


・石橋臺
image


・龍神臺
image



午前11時からのからくり奉納を観覧し、御旅所に参拝。
image

image



中橋(テレビでよく映る赤い橋)を渡り、日枝神社下に並ぶ屋台を見学に向かいました!
image



・恵比須臺
image

image


・崑崗臺
image


・五臺山
image


・鳳凰臺
image

町内のおっちゃんが、『うちは木目が綺麗だからこの部分は塗ってないんだよ!』って説明していたので、どの程度の物かと見てみると…

素晴らしい欅の玉杢の一枚板!!
image

(塗る金がない逃げ口を、“木目がいいから塗らない”と言ってる所もありますが、これは間違いなく違います!)

そして、白砂子蒔きとか言う技法の塗り。
これは初めて見ました!
image


・琴高臺
image

琴高仙人に因んだ鯉の彫刻ですが、わざと金箔を剥がして鯉らしさを出しているのは、関心を持ちました!
image


・麒麟臺
image


・青龍臺
image


・大国臺
image



その他にも代車(廃臺の屋台組)が並んでいます。

・黄鶴臺
image


・陵王臺
image

(石取祭の町旗みたい♡)

・應龍臺
image


・南車臺
image

箍が焼き嵌めではなく、端板一枚につき一つづつ鉄が打ち込んであります。
image



南車臺ですが、これは指南車と呼ばれるものが乗っていた屋台です。

指南車とは、常に南を指すからくり仕掛けの車で、方位磁針がない頃、中国で軍事などに用いられた車です。

調べたところ、復元したものが高山市郷土館に飾ってあったとか?
そして、古い三番叟人形や諸々が展示してあったとか?

…うぅ、下調べ不足

次にリベンジだッ



そして、高山で気になったのがこの奇妙な轍。
image


タイヤのトレッドパターンではありませんが、やっぱり気になったので、輪を覗いて見ると…
image

やっぱり変わった箍でした!


初の間近での屋台見学。
遠目では美しく見える塗りも、平面は石取祭車のが美しいなぁ…。

これにムカッと来た方、桑名の石取祭車の平面塗りを一度ご覧あれ!
(↑挑戦的で申し訳ありません




【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村