22-07-01-01-57-50-223_deco
6/5 石取祭車新造披露式典の続きです!

女性も楽しそうに、叩いていました。
CIMG8140
CIMG8142
CIMG8145
CIMG8146
CIMG8147


囃子奉納の後は、現会長である四代目会長による手締めです。
CIMG8148
ここまで仕上げるのには、かなり苦労されたようです。
CIMG8150
感慨深そうな表情が印象的でした。
CIMG8151
一丁締めにて、式典は終了しました。
CIMG8152

祭車を近くで見せていただきました。
CIMG8082
明日からの祭車紹介で重複する内容となりますが、簡単にご紹介します。
CIMG8173

工匠は辻邦康師、彫刻師は森双鶴師、水引幕製作は大橋建治師です。
CIMG8005

三角はクジラのキャラ絵…ではなく、宝くじ助成金の証です。
CIMG8161

台輪は二段二重台輪です。
CIMG1431

美しい木目です。
CIMG1453
CIMG1418
CIMG1419

鬼板、前破魔軸受、鴟尾は波です。
CIMG8029
CIMG8039
CIMG1409

胴体部分は先代祭車の型式を引き継ぎ、水引幕を用います。
CIMG8157
幕の裏側に亀腹は無く、雲板となっています。
CIMG8162

後破魔蓋は五七桐です。
CIMG7984

持送は波に千鳥です。
CIMG1412
こちらは、神戸北新町の旧彫刻が譲られたものです。
CIMG1382
裏側に、埋木細工の瓢箪が入っているところが面白いですね!
CIMG1408

太鼓掛は飛龍で、こちらも神戸北新町から譲られたものです。
CIMG1384

その他の部位は、まだ彫刻はありません。
CIMG1451
これからどんなものが入れられるのか、楽しみです。
CIMG8031
CIMG8016
CIMG7987

この日は祝曳きは行われないので、片付けが始まりました。
CIMG8153
CIMG8171

お盆に曳き廻されるのが楽しみですね!
CIMG8174





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓