CIMG5413
5/3 花みこしを見終え、山車を見に行きます!

と言いたいところですが、記事の構成上あとで紹介するとして、美濃の町をうろちょろします。
CIMG5414
美濃に来て行きたかったところが、ここです。
CIMG5419
旧名鉄美濃駅です。
CIMG5427
有志の方々が、昔使われていた車両を保存してくださっています。
CIMG5432

運転台にも入れ、多くの鉄道ファンが訪れます。
CIMG5438
車掌さん気分で、半身乗り出して眺める事もできます。
CIMG5441
誰のサインでしょうか?
CIMG5443
ここは鉄道ブログではないですし、詳しくもありませんので、他に写した写真はまたの機会(←多分無い)にでも、、、。
CIMG5449

うだつの上がる町並みに戻り、山車を見学します。
CIMG5397

旧美濃駅⇔うだつの上がる町並みを往復するのに自転車を借り、とても便利でした。
CIMG5279

美濃まつりには6台の山車がありますが、そのうちの3台が名古屋から譲られた山車で、その3台が今回展示されています。
CIMG5324

  • 相生町 舟山車
CIMG5125
若宮まつりに曳かれた船型山車です。
CIMG5400
名古屋末広町時代には、黒船車と呼ばれていました。
CIMG5094
延宝2年(1674)に造られ、黒船車造り替えにより安永元年(1772)に美濃相生町へ5両で譲られました。
CIMG5408
金71両余をかけ、改造(改修)を施して曳かれるようになったそうです。
CIMG5135
購入金額よりも改修金額の方が高いなんて、すごいですね。
CIMG5161

錨型の纏頭です。
CIMG5402
ばれん上部には、相生の文字が刺繍されています。
CIMG5404
棒には貝が散りばめられています。
CIMG5405

船型山車という事で、朱塗りの櫂も両側に2本ずつ付いています。
CIMG5110
CIMG5137
CIMG5388

艫には舵が付いています。
CIMG5147
CIMG5163
CIMG5139

水押には剣に龍の彫刻があります。
CIMG5101
CIMG5097

五尺板です。
CIMG5100
牡丹に唐獅子と龍です。
CIMG5120

鬼板は獅噛みです。
CIMG5115
CIMG5142

懸魚は鳳凰です。
CIMG5114
CIMG5143
CIMG5132




【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓