CIMG1296
4/1 いよいよ護摩壇に火が点けられます!

法螺貝と太鼓が響く中、点火されます。
CIMG1253
CIMG1258
護摩壇のしめ縄が外されます。
CIMG1260
白煙が上がってきました。
CIMG1262
CIMG1267
CIMG1277
CIMG1282
火龍の如く、勢い良く燃え上がります。
CIMG1287
これぞ、お不動さんのお力ですね
CIMG1304
CIMG1292
般若心経のお声が神秘さを醸し出します。
CIMG1315

少し火の気が治まると、山伏が祈祷札を護摩壇に投入します。
CIMG1309
CIMG1271
CIMG1272
CIMG1273
1617282296274
CIMG1307

護摩壇の火で祓った大御幣で、参拝者を祓います。
CIMG1319


火が治まると竹で護摩壇を崩し、火渡りの準備となります。
CIMG1328

火渡りの正式名称である、火生三昧耶法(かしょうさんまやほう)の願文を読み上げます。
CIMG1336

先達が結界の四方と護摩壇の四方を祓います。
CIMG1341
CIMG1342
CIMG1343
CIMG1360


山伏、僧侶などが火渡りを行います。
CIMG1367
CIMG1372

これで一連の儀式は終了です。
CIMG1332
靴を履いて渡る新入学児に向けて、梯子が護摩壇に置かれます。
CIMG1369

男の子は山伏、女の子は稚児姿の新入学児(但し、昨年は中止となったため今年は2年生も含む)が火渡りを行います。
CIMG1373
水天様の御真言が響く中、行われます。
CIMG1375

それが終わると一般参列者も火渡りに参加できます。
CIMG1378
御守のついた赤い御幣をいただき、護摩壇を渡りました。
CIMG1377


ビビっていた、某氏は折角の無病息災の火渡りはしませんでした。

あーぁ、もったいないなぁ




【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓