img012
中部祭車が大改修を終えたので、北部祭車と南部祭車の改修の様子を振り返ろうと思います。

日付等が記憶違いだったら申し訳ありませんが、当時の様子です。

2006年、秋祭り終了後の寒くなってきた時期、約80年ぶりに北部祭車が桑名へ里帰りを行いました。
img040
img041

北部有志の手により錺金具を外しました。
img026
img023
段板金具の後ろからは墨書きが見つかりました。
img025


RIMG1829
RIMG1830
RIMG1831

時を同じくして、宇佐美健二師により彫刻と破魔を活かした本体製作が始まりました。
RIMG1222
RIMG1223
img018

以前の鬼木より、紐繋ぎ幅を狭める鬼木としました。
img019
img020

鬼木が完成すると、縁場板の設置が行われました。
RIMG1221
以前は落とし込みの古式でしたが、強度を上げるために現代式の鬼木に縁場板を乗せる方式に変更しました。
RIMG1220

本体製作が遅れを取ったため、錺金具無しで再び祭車は組まれ、2007年は旧祭車で祭礼を行いました。img044
img042
img045
img046

2007年祭礼終了後、再び桑名に戻り彫刻などを新祭車に移設しました。
RIMG1828 (2)
RIMG1827

2008年夏、祭車完成です。
RIMG2085
一段台輪だった祭車は二段台輪になり、段板突出型は踏襲されました。
RIMG2091
RIMG2101
RIMG2100
RIMG2092

四本柱基部は井桁組みでしたが、その仕様は廃しました。
img038
RIMG2507





【お願い】
皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
(有効カウント1日1回のみ)
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村  

YouTubeチャンネル登録もよろしくお願いいたします! 
↓↓↓