神社前2F特設祭事場

石取祭(石採祭)・山車祭り・上げ馬神事・だんじり祭りなどを私の目線で綴る見学記です! たまにはレア情報も!?

二〇一六年弥生

朝日町 文化教養講座「地域を見つめる 祭礼や風習・習慣から」 川越町の暮らしと祭 ―四日市と桑名の狭間で―②

image


前回の続きです!

《近隣祭礼との比較》
・朝日町 八王子祭(小向神社)
image

image

松明の形は高松より長い。
image


・四日市市 富田の夏祭り(鳥出神社)
→鯨船神事や西町石取祭の前に行われる、鎮火祭が類似。
image

image

image



・四日市市 富田一色けんか祭り(飛鳥神社)
image

松明を担いで納める点、
image

銭花(賽銭)を納める点などが似ている。
image

練りに使われている締め太鼓が、八幡神社境内の練りで使われる担ぎ太鼓に似ている。
image



・四日市市 日野大念仏
image

image


→松明の形状や賽銭の存在などの共通点、富田や富田一色の祭礼道具の類似性…何らかの交流があったのか?



【稲熱(いもち)】
・名前の由来はいもち病

・害虫駆除の虫送り行事

・祭礼を行う組織
→実行委員会(農家組合が重要な役割)
かつては青年団が中心。

・祭りの道具
→締め太鼓(解体してある太鼓を縄で締め上げる)、大鉦、松明(当新田のみ)

・川越町内のいもちの記録
→豊田一色の大塚家文書に記載あり。
南福崎地区ま昭和37年まで行っていた。
(太鼓の胴、皮は現存)

・類似祭礼
→桑名市大福 大門祭
image

image



【祭の未来・課題】
・参加者の確保

・近隣住民とのかかわり
(石採祭の騒音など)

・祭礼費用など

→教育委員会としては、祭資料探しや町内外での知名度の向上に努める


【川越町郷土資料館】
image

・平成6年開館

・農具や漁具などの民具を中心に約1100点所蔵

・開館時間は平日9~17時だが、要予約
→「今、資料館の前に居るから開けてくれ」というのは辞めて欲しい





【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

朝日町 文化教養講座「地域を見つめる 祭礼や風習・習慣から」 川越町の暮らしと祭 ―四日市と桑名の狭間で―①

image

2/13 朝日町歴史博物館で、川越町の祭礼に関する講演会がありました。

川越町のお話ですが、朝日町の文化講座。
第1回は朝日町小向の八王子祭について、第2回は桑名石取祭について、今回が最終回でした。


講演内容に合わせて、私の脚注・写真を合わせて紹介します。

【川越町の祭】
・石採祭
豊田天神豊田一色の3地区で毎年7月第4週末に行われる。
image


・足上げ祭
→高松地区で毎年8/14に行われる。
image

いずれも平成2年5月に川越町無形民俗文化財に指定されている。

・稲熱(いもち)
→当新田、亀須地区で毎年7月第3~4週の土曜日に行われる

当新田は平成3年に、亀須は平成7年に川越町無形民俗文化財に指定されている。



【川越町について】
Wikipedia参照



【石採祭】
豊田一色
image

日露戦争戦勝祝いの仮装行列がきっかけ。
地元の篤志家 大塚寛太郎が桑名より買い付け、若者に与えた。

現車は桑名北本町の物で、太鼓掛などにその部材が残る。
(平成元年の大改修により大半を造り替えた)
image



豊田
image

大正頃より始まる。
昭和5年以降(昭和9年?)に、桑名上本町の祭車部材が使われた祭車が当地へ。

上本町でも用いられていた鬼板の龍頭。
image



天神町
image

昭和4年、豊田より分区。

旧祭車は豊田より譲られた物(桑名西矢田町均車)。
現祭車は平成19年、辻建築(本体)、森双鶴(彫刻)により新造。
image

町の花である水仙、
image

町の鳥である燕の彫刻もある。
image

※筆者注 旧祭車の方立にも絵が施されていた。
image



《石採祭という表記について》
桑名では石取祭と表記する。
川越町では石採祭と表記していた。
image

image



それは書き間違えたものか?
本家桑名への遠慮か?

現在の川越町内では石取祭の表記が多い。
image

image



※筆者注 私考では、祭導入時期の表記をそのまま引き継いでいたのではないかと考える。
江戸時代の名所図会などでは“石取”の文字が、明治時代の祭典規約では“石採”の文字が見られる。


《祭りの音楽》
・祭唄 お勝っつぁん
・囃子 五ッ拍子
豊田天神町は同じ地区なので似た五ッ拍子。
豊田一色は川を跨いでいるので豊田地区とは違う五ッ拍子。


※筆者注 上記の講演内容は間違いで、豊田一色豊田が同系統の短い間を持つ五ッ拍子、天神町は間を長く取る五ッ拍子である。
天神町の隣地区である天カ須賀住吉町と同じ五ッ拍子のため、囃子が伝承された流れに何らかの共通性があるのかもしれない。
image

image

image




【足上げ祭】
image

・古い記録に残るのは「三重県下の特殊神事」「富田六郷氏神記」

昔はお寺で行われる盆行事であったが、近代になり神社の神事となった。

・足上げ祭の名前の由来も解らず、後世に正しく伝えるために保存会を発足。


《祭りに向けての準備》
・太鼓締め

・練習(太鼓、本練り「シーシー」)

・松明づくり(麦藁)

・行灯、賽銭などの準備 等


《祭りの流れ》
・太鼓車と大鉦車を曳く町練り

・公民館~神社までの本練り
→午後6時半より一時間半掛けて練る

・八幡神社内の練り
→青年団が火を点けた松明を持ち、境内の心柱を反時計回りに回る
image




《祭りの道具》
・締め太鼓(+こども太鼓)
・大鉦
・松明
・担ぎ太鼓
image




以降、次回へ続く。




【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村



掲示板更新情報

image

桑名市 増田神社伊勢大神楽総舞を更新しています!

画像掲示板は→伊勢大神楽

blog記事は→





皆様も画像掲示板に祭礼画像をお寄せください!






【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

桑名市 増田神社伊勢大神楽(総舞⑥)

image

総舞、最終回です!


【剣三番叟】
image

image

image

image

image

image

image

image

image

神楽鈴と扇を持って、三番叟を舞います。
image





【魁曲】
最後は華やかな魁曲です!
image

勢い良く飛び乗り、
image

くるくると回ります。
image

image

image

この体勢は大変だと思います。
image

肩の上に乗ります。
image

image

沢山の傘を広げます。
image

獅子が3頭に増えます。
image


赤、
image

黄、
image

青の傘を広げた獅子の花魁姿。
image

image


image

image

image


天鈿女命の駒遊びでフィナーレを迎えます!
image

image




今回も祭人魂の取材があり、いつものモノは国旗掲揚の竿に取り付けられていました
image





こうしてまた、各組は西日本各地へと回壇に旅立ちます。





【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

桑名市 増田神社伊勢大神楽(総舞⑤)

image

総舞、第五弾です!


【玉獅子の曲】
image

獅子が舞い、
image

翁が登場します。
image

image

『ん?』
image

『わぁ~ビックリした!!』
image


『あ、どーもどーも!』
image

「コラッ!何しとんねん!」
image


『なんだこりゃ?』
image

『わぁ!また獅子だ!!』
image


驚いてる拍子に玉を取られてしまいます。
image

翁は再度取り返すも、また獅子に奪われます。
image

翁は動揺してあたふた。
image


「コラッ!お客さんと遊んどらんと、早よ取り返さんかい!」
image


眠った獅子から玉を取り返そうとします。
image

image

image

image


あーだこーだしてるうちに獅子は目を覚まします。
image


(ここに玉はあるよー!頭下げたら返してあげるよー!)
image

image

image


おっと!面が外れた
image

面の付け方逆~(笑)
image

「えぇかげんちゃんとせぇ!!」
image


(やっぱり返してあげなーい!)
image

image

image

image

image


『狙いすまして…』
image

その後も客席に飛び込んだりして、笑いを誘います。
image

取れないのは竿のせいだとか、なんだとか言い訳しつつ、
image

玉を取る事に成功!
image


image

image

image



達磨もやって来て喜びます!
image

達磨に飛び付く翁。
image



写真にない面白いやり取りを動画で!






【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村






読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
プロフィール

風神雷神

石取祭をやるために生まれた立地に住んでいます🏠️

石取祭、上げ馬神事、だんじり祭、山車祭などを中心にマニアックな視点で書いております。


【注意事項】
・当ブログのコメントは、管理人確認制です。
リアルタイムでは書き込み反映されませんので、ご注意ください。

・当ブログでは、管理人独自の視点、思考で書いております。
管理人の行動や言動に賛同されない方は閲覧をご遠慮下さい。

・当ブログに掲載されている画像は管理人が撮影、もしくは友人からお借りしたものです。
無断転載、無断加工、SNSや他サイト(アイコンへの無断使用・オークションサイト・まとめサイトを含む)への悪用を堅く禁じます。

・悪質な違反者や荒らし行為に対しては、賠償請求及び法的措置等、相応の手段を取らせていただきますので、ご了承ください。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索


メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ