神社前2F特設祭事場

石取祭(石採祭)・山車祭り・上げ馬神事・だんじり祭りなどを私の目線で綴る見学記です! たまにはレア情報も!?

二〇一三年皐月

清須市西枇杷島町 空木立ち

image


5/26 昼から初めて、空木立ちを見に行きました!
空木立ちとは簡単に言えば山車の組み上げでしょうか。

西から順に見て行きました。

・杁西町 頼光車
image

昼休憩で無人でした!

山車を組み上げて、1週間露天保管です。

解体して入れる山車蔵の間口は小さい。
image



この前、メ~テレに出演した西六軒町はその時に準備をし終えてたのか、閉まっていたので東六軒町へと向かいます。
(実際には、問屋町を見てから東六軒町へと行ったのですが、blogの構成上、順序は違います)

・東六軒町 泰亨車
image

image


東六軒町の蔵は正面と新幹線高架側が開き、よく見えるのです。


一番端の橋詰町は昼にはシャッターが閉まっていましたが、後に少し開けて風通し
image


街中では提燈屋形を立てたりとお祭り前のムードいっぱい
image



問屋町も橋詰神社内にある小さな蔵から部材を出して、山車も組み上がり棒締めです。
・問屋町 頼朝車
image

image


柱絡みの綱から締めて結びます。
image

続いて台輪を大綱で締めます。
image

楫棒は下に引っ張りしならせます。
image


過重を外すと楫棒が戻り、ピシッと綱が張ります!
image

image


棒締めが終わると、部材の箱を蔵にしまい終了。
image

ここも駐車場に1週間露天保管され、祭りを迎えます!






【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

名古屋市西区 平野町②

本編は昨日書いたので、余談を少し


①今年、山形十二張(平野町ではりんどう柱と呼びます)の提燈を復刻され戻りました。
三番車で三態を見比べて見ましょう!

私が最初に見に行き出した15年ほど前の頃です。
横に写る銭湯も今は無く、祭車の塗りも桑名で塗られたままの姿でした。
image


2008年、名古屋まつり出場に際し、正面を“平”、織田木瓜紋も黒に。
image


2013年、6年前と同じデザインになりましたが、“獻”の字が“献”に変更。
image



②曳き廻しでは山形を各家に向けて振ります。
image

御祝儀をいただいた家庭に、お祓いの意味を込めて振るのでしょうか?
同じような行動は四日市市松寺町川越町豊田などで見られます。


③平野町では方向転換の順序に決まりはありません。
image

我が組では、180゚方向転換する時は必ず先頭車からひっくり返し、二番車→三番車→四番車と方向転換をします。
image

(七姫八郎さん提供写真

この際、鬼木と鬼木が向かい合わないように後車は早く方向転換を開始します。


④鬼木と鬼木を向かい合わせても良い。
前述したように鬼木と鬼木を向かい合わせるのは我が組では絶対のタブー
image


それに慣れている私には、なかなか珍しいシーンでした。
image






【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村

名古屋市西区 平野町①

image


5/25~26 石取祭の始まりを告げるように津嶋神社の祭礼が行われました!

何となく石取の音を聞きに行ってしまう

土曜日は甥2号を連れて行きました!
平野町へ行く道中、喧しい音が遠くから聞こえてくると、ニタァ~っと笑みがこぼれる甥っ子

津嶋神社前に並ぶ3台。
image


着いて早々に叩かせていただきました!
けど、腕の動きが悪い…まだまだ腕が鈍っている

神様にご挨拶がまだだったので、お詣り。
横に退けられた賽銭箱に投銭して手を合わせて…
これは何だ?
image

あ!お祭りの日はこっちがお賽銭箱だったんですね
image


18時半の町練りまで、皆が叩いて楽しみます!
image

image


その間に祭車を見ます!
・一番車
image

・二番車
image

・三番車
image



今年の試楽夜の曳き廻しは南側からのスタート。
image

image

image

image

image


何事もなく進んでいたかと思うと、一番車が停電してしまいました。
配線に不具合があったのでしょうか?
image

南側を隅々回り、津嶋神社前を経て、北側へ
image


片側三車線の国道22号線を横断!
image

北側(名西1丁目)を回って、再度22号線へ。
昔は、東行き車線を西に逆走していましたが、現在は歩道を曳きます。
image

image


無事、3台曳き終えたところで帰宅しました!
image






【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


四日市市 中部(防火秋葉大祭)

image


中部上新町の浄土宗 三重山 光運寺秋葉大権現へ御札をお返しに行きました。

秋葉さんの御由緒はこんな感じです。
image


現在は5月第3土曜日に行われているこのお祭りは、昔は5/17に行われていました。
今年のポスターと過去のポスター
image


その頃から度々、お詣りしているのですが、大叔父の葬式とか重なって、近年はなかなか行けてませんでした

久しぶりに行くと静かな街並。
あれ?日にち間違えたかな?
いや、提燈の明かりは見えるから間違ってない。

しかし、露店商も出てない!?

境内は…と
image

シーン…。

とりあえず本堂にお詣り。
…あれ?本堂が違う
image

昨年、建て替えられたそうです。

さて、御札を返し、新しい御札を授かりました。
image

image


鉦と太鼓も出てないし…。
雰囲気がガラッと変わってしまいました

昔はこんなに賑やかだったのになぁ…
image

image



そんな昔の思い出を振り返りつつ、駅前商店街の中入道を見て帰りました
image







【お願い】
このblogを読まれる都度、下記のバナー(広告ではありません)にクリックしていただけませんか?

皆様の応援がランキングに反映されます。
私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 神輿・山車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ
にほんブログ村

桑名市 西舩馬町(住吉神社例大祭)

image


5/18 『鉦の音が聞こえる』なんて電話をもらいつつも、我が家にはその音は聞こえず。

夕方、西舩馬町が例大祭で練習台を出していたとの情報をいただきました。
ちょいと見に行こうと思ってみたら、もう練習台を解体しているところでした。
image


蔵前さんとは、仲良くさせていただいているので、 皆さんと立ち話。
蔵の中も外から見せていただきつつ
image

太鼓は小さめのが二つ。
手前が練習太鼓です!
image

半田の山車蔵と同じく、彫刻の箱が沢山!
image


と、玉重会三役さんから、『お宅の親戚(つぶれて)寝てるよ!』と。
蔵前センターに上がらせてもらうと、そこには又従兄弟が今日も寝ていた
image


彼の生存率を青年会長さんに聞くと生存率は50%だそうだ


ついでに蔵前センターの中を拝見!

祭車が桑名市の文化財を認定された証書も飾られています。
image

過去にテレビ出演された記念写真もありました
image


そして、お供物のお下がりまでいただいてしまいました!
image


ということで、順序が逆になってしまいましたが、お供物をいただいてから、住吉神社に参拝してしまいました

最後に、蔵前祭車改修予定ほか石取の裏話を少し聞いちゃいました
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
プロフィール

風神雷神

石取祭をやるために生まれた立地に住んでいます🏠️

石取祭、上げ馬神事、だんじり祭、山車祭などを中心にマニアックな視点で書いております。


【注意事項】
・当ブログのコメントは、管理人確認制です。
リアルタイムでは書き込み反映されませんので、ご注意ください。

・当ブログでは、管理人独自の視点、思考で書いております。
管理人の行動や言動に賛同されない方は閲覧をご遠慮下さい。

・当ブログに掲載されている画像は管理人が撮影、もしくは友人からお借りしたものです。
無断転載、無断加工、SNSや他サイト(アイコンへの無断使用・オークションサイト・まとめサイトを含む)への悪用を堅く禁じます。

・悪質な違反者や荒らし行為に対しては、賠償請求及び法的措置等、相応の手段を取らせていただきますので、ご了承ください。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索


メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ