神社前2F特設祭事場

石取祭(石採祭)・山車祭り・上げ馬神事・だんじり祭りなどを私の目線で綴る見学記です! たまにはレア情報も!?

      【唐臼町(からうすちょう)】10月第1日曜日の午前中に行われる、唐臼神社のお祭りです。(唐臼神社)祭車庫は神社境内にあります。祭車建造  嘉永年間(推定)祭車形式  一段台輪水引幕胴幕型祭車祭車経歴  桑名江戸町?→津島北部→駒野黄金山→桑名外堀北の町→津島唐臼 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      南部の続きです!波板欄間(雲画)腕(雲)持送(波)太鼓掛(雲)水引欄間(彫刻無し)錺金具額絵(右 虎、左 龍)※旧絵本天幕(素盞嗚命八岐大蛇退治綴織 上田染工請負)旧本天幕(赤地に素盞嗚命八岐大蛇退治の刺繍)替天幕(素盞嗚命八岐大蛇退治の染抜 大橋染工場)祭 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【南部(なんぶ)】祭車建造   弘化3年 弥六(平成21年 宇佐美健二により鬼木新調)祭車形式  一段台輪亀腹型祭車祭車経歴  桑名某町?→桑名下深谷部→津島南部祭車塗装  竹中佛壇店、伊藤友彦など彫刻師  不明錺金具師 不明旧状鬼板(波)※塗装前※旧鬼木前破魔軸受 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      北部の続きです!額彫刻(右 日本武尊野火の難、左 素盞嗚命八岐大蛇退治)持送(菊)太鼓掛(龍)波板欄間(波)水引欄間(彫刻無し)錺金具高欄左右の斗束と通栭、栭束が一対多くなっています。※旧材本天幕(白地に神武天皇の刺繍)旧本天幕(白地に神武天皇の刺繍)祭車 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【北部(ほくぶ)】祭車建造   安政年間頃か?(平成20年 宇佐美健二により本体造替)祭車形式  二段台輪階段突出亀腹総彫型祭車祭車経歴  桑名新町?→桑名諸戸家?→津島北部祭車塗装  竹中佛壇店彫刻師  二代目小川光民など錺金具師 不明備考  彫刻と錺金具、幕類を ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      中部の続きです!波板欄間(紅葉に流水の透かし彫り)木鼻(唐草)太鼓が付くと見えにくい位置にある装飾で、その上部に前述の埋木痕があるため、何かしら見せる意匠があったと思われます。昇蒔絵(花鳥組合せ)錺金具四本柱基部(井桁組み)※旧状四本柱(唐木貼り)町旗本 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      中部の続きです!隅腕持送(岩場に牡丹)隅腕持送現存例は中部祭車のみです。亀腹(唐獅子)後部には埋木をした痕があり、何らかの彫刻が付いていた可能性もあります。方立袖(雲)額彫刻(雲龍)三角上(笹)三角(雲龍)龍は雨を呼ぶと伝えられ、昔は目隠しされていました ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【中部(ちゅうぶ)】祭車建造   安政年間(推定) 佐兵衛祭車形式  一段台輪亀腹総彫型祭車祭車経歴  桑名今片町→津島中部祭車塗装  不明彫刻師  不明錺金具師 不明鬼板(雲)※旧状鴟尾(雲)※旧状旧鬼木階段蹴込(彫刻無し)隅腕(唐獅子)後部は鉦吊りになってい ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      津島の石採祭として知られる大政地区の石採祭は、10月第1日曜日と前日、前々日の尾張津島秋まつりに行われます。秋葉神社の祭礼として行われていましたが、現在は山車と同じく津島神社へも奉納を行います。(秋葉神社)(津島神社) 金曜日、秋葉神社前で叩き出しを行い、前 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      北部祭車の錺金具取り付けと時を同じくして、南部祭車の鬼木と縁場板の新調が行われました!工匠は北部祭車と同じ、宇佐美健二師です。 大工小屋にあった赤須賀辨天町の祭車寸法との比較です。 欄間1つ分、大きさが違うのがわかります。旧鬼木です。山形穴が二つあるのは、 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      祭車本体が完成した後、錺金具を再び取り付ける計画が立ちました。5月、祭車に仮付けし、はまり具合を確認しました。微妙に入らない部分は削るなどして、調整します。曲がったものも修整します。一部はサイズが変わったため、作り替えました。同じ意匠ですが、錺師により細 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      8/21 三之丸の大工小屋から、東方の竹中佛壇店へ移送されました!素木で完成させず、当初から防水加工を施した古色仕上げに塗装しました。一部の彫刻を外します。額下の波板欄間彫刻を、新設された三角下波板欄間に移設する事にしました。目立たない部分で仕上がり色のチェッ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      中部祭車が大改修を終えたので、北部祭車と南部祭車の改修の様子を振り返ろうと思います。日付等が記憶違いだったら申し訳ありませんが、当時の様子です。2006年、秋祭り終了後の寒くなってきた時期、約80年ぶりに北部祭車が桑名へ里帰りを行いました。北部有志の手により錺 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/20 大改修の続きです!午前9時半頃、祭車が祭車庫前に到着しました。山形下段のみ取り付けました。 鬼木と破魔が素木で、胴体に塗りが施されていると旧北部祭車みたいですね。※北部祭車旧状祭車が到着してしばらくすると、津島神社神職が来られて祭典が行われました。 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/20 中部石採組の石採祭車が大改修を終え、津島へ帰ってきました!当日の様子の前に、改修の様子を中部石採組のこでぶくんよりいただきましたので、ご紹介いたします。改修にあたったのは、岐阜県中津川市の中島工務店です。本格的な改修は過去にほとんど行われず、前々から ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      本日は6/30、令和3年も半分が過ぎました。1月から始めた、知多型山車紹介も大半をご紹介しました。まだ、上半田地区や下半田地区、亀崎潮干祭などもございますが、一旦ここでストップいたします。特に理由があるわけではありませんが、夏と言えば石取祭!と思われる方が多 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      大古根八幡車の続きです!壇箱(牛若丸と烏天狗、力神)壇箱蟇股(雲に鶴)持送(波に千鳥)蹴込(牡丹に唐獅子)堂山蟇股(松に鳩、笹竹に虎、梅に鶯)ゴマ隠し(波に千鳥)台輪兜金など引幕(紫地に三方と瓶子の染め抜き)水引幕(白地に松に鳩の刺繍)大幕(緋羅紗地に牡 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【大古根 八幡車】山車建造 江戸末期頃(推定)彫刻師 岸幕角三郎、初代彫常、有馬白匠要治など人形師 不明上山鬼板(雲)、上山懸魚(鳳凰)、上山桁隠し(桐)、上山太平鰭上山木鼻(唐獅子)高欄蹴込(波に龍、松に鶴、笹竹に虎)前山鬼板(獅噛み)前山懸魚(雲に鶴)、 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      北組北社の続きです!前山高欄蕨手(牡丹)壇箱(加藤清正朝鮮の役)壇箱猫足(唐獅子)持送(北の字繋ぎに五三桐)堂山蟇股(中国仙人列伝)堂山木鼻旧部材幕押さえ引幕(龍の金刺繍)水引幕(白地に鳳凰の金刺繍)前棚人形(三番叟)上山人形(恵比寿神、大黒天、宝袋)山 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【北組 北社】山車建造 安政7年頃?彫刻師 瀬川治助重光、岸幕角三郎、初代彫常、岩田冬根など人形師 製作者不明、山田利圀(修復)上山鬼板(雲)、上山懸魚(桐)、上山桁隠し(桐)上山太平鰭(鳳凰)上山蟇股(牡丹に唐獅子)高欄蹴込(花鳥組合せ)前山鬼板(双龍)、 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      南組南社の続きです!前山高欄蕨手(唐獅子)壇箱(大江山鬼退治 春耕下絵)壇箱猫足(天人、鳳凰、犀、麒麟)持送(斗組)蹴込(龍)旧蹴込堂山蟇股(中国仙人列伝)旧部材錺金具引幕(波に雲龍の金刺繍)水引幕(黒地に龍の金刺繍)前棚人形(三番叟)上山人形(牛若丸、弁 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【南組 南社】山車建造 不明(文化2年、同8年、文政4年、嘉永3年に順次改修し、現在の形か?)彫刻師 後藤岩五郎、増井時三郎、初代彫常など人形師 舟橋広志上山鬼板(雲)、上山懸魚(松に鶴)、上山桁隠し(松)、上山太平鰭(唐獅子)上山蟇股(龍)上山欄間(雲に鶴 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【宮津(みやづ)】宮津地区の祭礼で、4月第3土~日曜日に行われます。(熱田神社) 前週の日曜日に山車組み上げが行われます。祭礼当日は、両日とも午前中に各組の山本宅へ山車を曳き込みます。午後から各山本宅を曳き出し、青年会場(北組会所)に両組が揃います。赤法被が ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      玉貫組玉神車の続きです!壇箱(牡丹に唐獅子)壇箱蟇股(蛙の祭り)持送(力神)蹴込(波に千鳥)堂山蟇股(八仙人)ゴマ隠し(波に亀、蟹)錺金具水引幕(灰羅紗地に見返り龍の金刺繍)大幕(緋羅紗地に玉神車の文字の金刺繍)追幕(緋羅紗地に牡丹に唐獅子の刺繍)山車庫 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【玉貫組 玉神車】山車建造 弘化年間?山車経歴 成岩北村→成岩西馬場→長尾部玉貫組→映画小道具会社→長尾部玉貫組彫刻師 岸本観治、駒田治世、祥雲など上山鬼板(雲)、上山懸魚(桐)、上山桁隠し(桐)、上山太平鰭、上山蟇股(十二支)高欄蹴込(龍)旧前山鬼板(菊) ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      馬場組長北車の続きです!堂山蟇股(二十四孝)三味胴(宝尽くし)台輪※旧台輪錺金具水引幕(緑地に竹に雀の金刺繍) 【お願い】 皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます。 私の見学に向かう原動力ともなりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします! ( ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      馬場組長北車の続きです!壇箱(七福神)※旧状旧壇箱蟇股(唐獅子、兎)壇箱猫足(鼠の宝曳き)旧壇箱猫足(彫刻無し)持送(波に亀)旧持送蹴込(波に龍)※旧状本追幕(緋羅紗地に長北車の文字の金刺繍)替追幕(緋羅紗地に長北車の文字の刺繍)山車庫 【お願い】 皆 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      馬場組長北車の続きです!前山鬼板(菊に唐子)旧前山鬼板(雲龍)前山懸魚(弄玉)、前山桁隠し(桐)旧前山懸魚(鳳凰)、旧前山桁隠し(桐)前山太平鰭(粟穂に鶉)旧前山太平鰭(桐?)前山蟇股(二十四孝)旧前山蟇股(唐獅子、波)前山木鼻脇障子(右 黄石公、左 張良 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【馬場組 長北車】山車建造 文政10年 藤原常光ほか山車経歴 (挙母型として新造)豊田上郷町→(知多型に改造)長尾部馬場彫刻師 早瀬長兵衛、初代彫常、祥雲など全景旧状上山鬼板(雲)、上山懸魚(蕭史)、上山桁隠し(雀?)、上山太平鰭(鳩群翔)、上山蟇股(宝尽くし) ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      市場組神宮車の続きです!壇箱(七福神)横持送(菊)持送(波)蹴込(親子唐獅子)堂山蟇股(十二支)、三味胴(鳩群翔)台輪兜金など水引幕(紺地に松と鮎の刺繍)大幕(緋羅紗地に神宮車の文字と左三ッ巴紋の金刺繍)追幕(緋羅紗地に三番叟の刺繍)替追幕(緋羅紗地に左 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【市場組 神宮車】山車建造 大正15年 石川慶次郎正勝彫刻師 初代彫常上山鬼板(雲)、上山懸魚(桜)、上山桁隠し(桜)、上山太平鰭(鳳凰)、上山蟇股(松に鳩)高欄蹴込前山鬼板(松)、前山懸魚(松に鶴の巣籠もり)、前山桁隠し(松)、前山太平鰭(神武東征)前山蟇股 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      下門組八幡車の続きです!前山高欄蕨手(牡丹)壇箱猫足(波に千鳥)※左旧状壇箱(八岐大蛇退治)壇箱斗組持送(角繋ぎ)蹴込(老松に鳩)堂山蟇股(松に鳩)ゴマ隠し台輪兜金など引幕(対い鳩と下門組紋の金刺繍)水引幕(濃緑地に飛鷺の刺繍 岡本亮彦下絵)追幕(緋羅紗地 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【下門組 八幡車】山車建造 天保年間?山車経歴 《旧水引幕》上半田北組→初代彫常→長尾下門組彫刻師 初代彫常、榊原冬花など人形師 六代目玉屋庄兵衛上山鬼板(雲に鳩)、上山懸魚(鶴に仙人)、上山桁隠し(宝珠)、上山太平鰭(猩々)上山蟇股(虎、龍)高欄蹴込(松に鳩 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      小迎組鳳凰車の続きです!壇箱(瓢箪から駒)壇箱下絵持送(力神)蹴込(項羽と張良 (野見宿禰と当麻蹶速か?))堂山蟇股(十二支)台輪兜金など引幕(丸に小の字の刺繍)水引幕(白地に鳳凰の刺繍)水引幕下絵(広瀬東畝画)追幕(緋羅紗地に丸に小と鳳凰車の文字の金刺繍) ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【小迎組 鳳凰車】山車建造 文久2年(翌3年上棟) 岸幕善兵衛(後見)、青木友助彫刻師 立川甚右衛門、岸川鬼子、初代彫常、間瀬恒祥など人形師 五代目玉屋庄兵衛上山鬼板(雲)、上山懸魚(雲に鶴)、上山桁隠し(雲)、上山太平鰭(唐獅子)上山蟇股(龍)前山鬼板(飛龍 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      このページのトップヘ