神社前2F特設祭事場

石取祭(石採祭)・山車祭り・上げ馬神事・だんじり祭りなどを私の目線で綴る見学記です! たまにはレア情報も!?

      閑散期の暇潰しとして、クイズを作成しました!知識があれば、もう少し凝ったモノが出来るのかもしれませんが、思いつきで始めたものですので、軽い気持ちで満点を目指してください。後々は各地のお祭りを取り上げてみたいところですが、博識な読者様には太刀打ち出来 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/16 殿海道山の次は、南山が曳き込みます!南山 八幡車西山 神楽車参道に四山が揃うと、坂上げ用に飾り付けを整えます。向山獅子が先に境内に入ります。向山 獅子館各山山本、先山本、氏子総代、組長(總長)などが鳥居から神事に参列します。(この記事の一部画像は、みなゆ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/16 乙川八幡社大鳥居前に向山と四山の山車が揃いました!今年は浅井山、南山、西山が西側から、向山と殿山は東側から参道へと入ります。各山の赤法被が向山と挨拶を交わします。向山区の獅子舞と獅子館が、先導し乙川八幡社の参道へ入ります。浅井山 宮本車殿海道山 源氏車 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/16 駅前通りを南進する、西山の続きです!西山 神楽車殿海道山 源氏車山本宅を発ちます。下り坂なので、ハンド綱を効かせます。向山 獅子館(この記事の一部画像は、みなゆうくんにご提供いただきました‌) 【お願い】 皆様のクリック(応援)がランキングに反映されます ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/16 乙川八幡社に向かう浅井山の続きです!浅井山 宮本車元薬師前で小休憩をとりました。後ろに西山がやってきたので、出発します。南山 八幡車乙川駅前公園でUターンして、サンゴ交差点南側で浅井山の通過を待ちます。八幡車の後ろで、若衆は宴会です。浅井山の通過後、サ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/16 山本宅へ山車が曳き込まれ、神事が執り行われます!殿海道山 源氏車山車の前に祭壇が組まれます。午前5時、神社より御幣を授かり、山車の前に持ってきます。浅井山より山祈祷を済ませた神職が、浅井山の使者と共に殿海道山の山本宅へと到着しました。全員で山祈祷を受 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/16 乙川祭り始楽の朝は早く、夜も明けぬ深夜に動き出します!西山 神楽車今年、山本宅が遠かった西山は、午前2時より動き出したとか。前山破風両端に提燈を付け、山車幅がわかるようにして曳き出します。本来は、山本宅で山車を組み上げるのですが、今は夜中に曳き出して ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 各山帰路の続きです!浅井山 宮本車元薬師より北進して帰ります。先に帰路に就いた西山が見えてきました。西山鞘前を通ります。右折して、若宮社の前を通ります。殿海道山 源氏車石河屋前から鞘へ戻ります。サヤ前で幕類を外します。土曜早朝に山本宅へ移送するために、 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 南山に続いて、殿海道山が秋葉神社前を進みます!殿海道山 源氏車細かく左右に楫を切ります。西山神楽車より帰路に就きました。浅井山 宮本車南山 八幡車殿海道山 源氏車(この記事の一部画像はみなゆうくんに、一部動画は赤地注連縄くんにご提供いただきました‌) 【 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 殿海道山の坂下ろしの続きです!殿海道山 源氏車このカーブミラーも難所の一つのようです。殿山が坂下ろしを終えた時、浅井山は秋葉神社手前、南山は乙川八幡社北側にいました。浅井山 宮本車南山 八幡車(この記事の一部画像は、みなゆうくんにご提供いただきました‌ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/11 浅井山の次は、殿海道山ではなく南山です!南山 八幡車他山の若衆が、助っ人で曳綱に着く珍しい姿も見られました。坂に差し掛かると後楫はかなり高くなります。今後この道を巡行コースに戻すならば、この電線はネックになる事でしょう。殿海道山 源氏車殿(しんがり)は殿 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 いよいよ坂下ろし→東側の狭路へと進みます!西山 神楽車若衆が後楫棒に掴まり、スピードを落とします。アスファルト部分で一度止まって、左へ曲がります。昔も止まってから楫を切っていたのか、下りた勢いで楫を切っていたのかわかりませんが、危険を伴う部分ですから ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 3台の坂上げの後、最後は西山の坂上げです!西山 神楽車各山の組員が神楽車の曳綱を引きます。乙川八幡社に4台の山車が揃いました。とはいえ、乙川まつりではないので、奉納神事はありません。今年元日に発生した能登半島地震の支援募金も集められていました。休憩を ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 浅井山の次は、殿海道山の坂上げです!殿海道山 源氏車サヤ前から坂上げを行いました。南山 八幡車(この記事の一部画像はみなゆうくん、ビンビンカンカン会の皆さん、一部動画は赤地注連縄くんにご提供いただきました‌) 【お願い】 皆様のクリック(応援)がランキン ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 浅井山と西山は元薬師前から南進します!浅井山 宮本車駅前通りから石河屋前へと左折します。南山 八幡車サンゴ交差点側から北進してきました。浅井山の通過後、右折しました。西山 神楽車南山の通過後、左折します。四山揃うのを待たずして、乙川八幡社へ坂上げを行い ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 若宮社前を通る、浅井山宮本車の続きです!浅井山 宮本車若宮神社社号碑前を左折し、南進します。西山神楽車の前を通ります。西山 神楽車浅井山の通過後、曳き出します。ちょっと電柱に寄りすぎたようです。真っ直ぐな道ではないので、細かく楫を切ります。(この記事の ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 乙川まつりを1週間後に控え、町内曳きが行われました!町内曳きの前に、各山から参加者が道検分を行いました。今回は昔通っていた八幡社北側の狭路を久しぶりに通るため、道に出ていた枝も伐採しました。電柱の足場も外します。各山では飾り付けが行われますが、町内曳 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      3/10 半田市博物館の山車展示を見に行きました!板山地区 日役組神力車明治5年に建造された山車です。展示説明の紙には明治12年建造と書かれています。初代彫常作の彫刻をはじめ、他の山車では見られない早瀬蘭谷作の彫刻も施されています。高欄は跳高欄になっています。上 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      サブblog(https://matsurist.2chblog.jp/)の更新情報です!半田市 2023ふれあい産業まつり(成岩南組南車、成岩西馬場神車、東組旭車参加)を公開しました。 皆様も祭礼画像を提供してくださる方は下部のメッセージより問い合わせしてください。折り返しE-ma ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 高側から曳き込んだ天王丸の続きです!冨貴市場 舩組 天王丸山車蔵へと曳き込みます。庫裡前で楫を切り、山車蔵に合わせます。成岩式に後ろを向き、後見の指示を見ながら後楫方が微調整します。前では若衆が力強く押します。山車蔵に入りましたが、微調整のために再び出 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 冨貴本若車のあと、冨貴市場天王丸の帰路を見学しました!冨貴市場 舩組 天王丸ゆっくりと進むため、伊勢音頭を古役が唄います。ん?何故斜めに?ご祝儀を持ってこられた祭友に向けた、祝い込みが行われました。名鉄富貴駅南側の踏切前で停車します。横断時間まで待機し ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 本若車山車蔵入れの続きです!冨貴 車組 本若車この合図を目印に下がります。後楫方は向きを後ろ向きにし、楫を切り直します。一度山車蔵に納まりましたが、位置が悪かったのでしょうか再び前に出しました。後見の指示を受けて微調整を行います。若衆も力一杯後ろに下げ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 丸二商店南側でのケツ別れです!本若車ハ通り(右)後楫棒に、知里付車イ通り(左)後楫棒を合わせます。天王丸イ通り(左)後楫棒に、知里付車ハ通り(右)後楫棒を合わせます。本若車と天王丸の楫棒合わせは高浜別れで毎年見る事ができますが、知里付車の楫棒合わせは珍しい姿 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 冨貴市場天王丸は、丸二商店角で東に右折します!冨貴市場 舩組 天王丸冨貴 車組 本若車看板に気を付けて‌曲がる基準はこのお兄さんです。斜行してしまい、基準がずれました。ジグザグ走行です。西に左折しました。丸二商店南側で曳き別れが行われました。万歳三唱、胴 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 3種類の知多型山車を見比べられました!ここに市原組縣車が遠路&人手不足(?)により来れなかったのが悔やまれます。3台をなるべく人の少ない状況で撮る…なかなか難しいですね。天王丸も幟と吹貫上げてほしかったなぁ、本若車も上山上げて追幕と吹貫上げてほしかった ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 富貴小学校体育館前駐車場に、山車3台と神輿が揃いました!西側より東大高知里付車、冨貴市場天王丸、冨貴本若車です。創立150周年を祝い、万歳三唱を行いました!式典の後、各地区のお囃子披露です。市原組 神輿白木の神輿に造花が飾られています。中には扇や鼓と御幣 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 富貴小学校へ向かう冨貴市場天王丸の続きです!冨貴市場 舩組 天王丸力強い子供たちの引っ張りに対抗する若衆です。とても力強いので後楫も含め、皆で押さえていました。綱引きで培った技術でしょうか?‌春祭りでは敵対する若衆と後楫も、今回はまさに呉越同"舟"でした ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 丸二商店角で3地区の山車と神輿が揃いました!北側に東大高知里付車、その横に市原・新田の神輿、西側に冨貴本若車、東側に冨貴市場天王丸が揃いました。交差点中央では、出合いの儀が行われます。市場・新田合同区の神輿が富貴小学校へと向かいます。市原・新田 神輿 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 ふきっ子祭往路の続きです!冨貴市場 舩組 天王丸架線に梯子をかけて、架線を上げます。午前8時半、踏切横断です。1つ目の交差点を右折し、北進します。白山社の方に山車を向けました。冨貴 車組 本若車冨貴会館を出て、集合場所へと東進してきました。ここで異音が‌ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/4 小学校創立150周年記念行事の第三弾です!今回は、武豊町立富貴小学校です。第一弾は、半田市立乙川小学校でした。第二弾は、桑名市立城東小学校でした。 今回の富貴小学校は、旧富貴村から山車3台と神輿1基が奉祝に参加しました。朝8時前、各地区のサヤから山車が準 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      サブblog(https://matsurist.2chblog.jp/)の更新情報です!半田市 第九回はんだ山車まつりを公開しました。(※一部記事に動画を追加しました‌)【参加山車】《亀崎》東組 宮本車石橋組 青龍車中切組 力神車田中組 神楽車西組 花王車《乙川》浅井山 宮本車殿海道山 源氏車 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      諸戸家祭車備品の考察です!この練習台は昭和30年6月、山本孫七により作られました。太鼓掛部分には寄贈者名が彫られていました。さすが山林王諸戸家の町の練習台で、側面を見るとかなり大きな木から作られた事がわかります。今回、練習に使った古い太鼓です。祭車新造当初 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/12 庭園内石取祭車公開の続きです!主屋内に掲示されていた、庭園建物改修の概要です。事業内容が書かれているのですが、その総工費に驚きです!なんと、総事業費3,379,770,000円(約3億4千万円)です‌‌‌大半は国庫や自治体の補助金を受けて行われていますが、所有者 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      11/12 諸戸氏庭園の改修が済み、久しぶりに庭園内で石取囃子が行われました!小雨が降る心配がある中、御殿玄関前に石取祭車(旧太一丸使用)が曳き込まれました。庭園内に曳き込む際は、山形十二張での飾り付けです。大門(表門)をくぐる際、上部に何か乗っていると通れま ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      10/28 宮本町、港町曳き別れの続きです!宮本町、港町が入り交じって叩き別れを惜しみます。両町の天幕が下り、曳き別れは終わります。港町祭車が鳥居東側に移動しました。その後ろを宮本町祭車が通り抜けます。港町の青年がまだ帰ってほしくなさそうでした。宮本町の青年は ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      このページのトップヘ